« のり海苔! | トップページ | ヨレヨレワンコ »

2007年7月27日 (金)

愛の命日

♪ちわっす 雷くんです。

今日も暑い1日でスた。1年前、先代のサモエドの愛ちゃんが虹の橋に行きました。だから今日はみんなで愛ちゃんの話ばっかりでスたひょー。

以前『愛の思い出』(←クリックすると過去の記事に飛びます)で紹介しましたが…。ホント1年なんてあっという間ですね。愛ちゃんは病気ばっかりして可哀想だったけど、先代の中で一番長生きでした。

Photo_152

私のお産後、里帰りをした時も、新生児の隣で添い寝して様子をみてくれてました。私が新生児の側から離れた時に泣いたりすると、愛ちゃんはとっても心配になるらしく『くぅーん くぅーん』と言いながら私を捜して『泣いてる』と報告に来てくれました。

周りの人は『あんな大きな犬の側に赤ん坊置いて大丈夫?』とかなり心配されましたが、愛ちゃんにはそんな心配は全くありませんでした。他にポメラニアンもいましたが、愛ちゃんほどではないけど、新生児を守ろうとする姿はありました。ポメ達は新生児が泣くと逃げたりはしてました『自分が泣かせたんじゃないぞ』って感じで(笑)

子供達はハイハイするようになり、犬達に興味を持ってしまって尻尾や耳を引っ張ったりしてもポメ達は逃げましたが、愛ちゃんはされるまま、じっと耐えてました。

そして子供達が歩くようになると、愛ちゃんに馬乗りになっても怒りもせず、一緒に遊んでくれてました。

0101 

愛ちゃんは娘の事がとっても好きだったみたいです。私と散歩に行くととってもお転婆な愛ちゃんなのに、娘が3才の時に愛ちゃんのリードを持たせてみたら、娘の歩調に合わせて歩くんです。当時、娘の体重は12キロ、愛ちゃんの体重は32キロですから、倍以上も違う訳で…。

ばぁさん曰く『娘を自分の子供だと思っているのでは』との事。確かにそんな感じは多々あったなぁ。娘が転んで泣いたりすると、とっても心配そうな顔したり、自分のオヤツを娘の手元に持って行ったり、いつでも娘の側に寄り添ってました。

0081

最近娘が良く言います『サモエドが欲しい』と…

今現在も娘の中では愛ちゃんはとても大きな存在なのでしょう。ワンコ好きのきっかけでもあるようですから…。しかし、現実、大きいワンコは何かと大変。病院の診察台に乗せるのは一苦労です。私もどんどん年を取るのですから(笑)

今日の雷くんは、朝、娘に散歩に連れ出されたのはいいがアスファルトが熱かったらしく、さっさと戻って来ました。

7271

7272

7273

空を見てみると…地震雲!?

7274

ココ最近、ずーーーっとこんな感じの雲がいっぱい。普通の雲は風で流されるのに、怪しい雲達は留まったまま…。

夕方、このブログにも何度か登場した『としくん』の所へ買い物に行くと…

7275

7276

7277

としくんに会う度『ガウワン』が激しくなる雷くん。打ち解ける日は来るのかね?

|

« のり海苔! | トップページ | ヨレヨレワンコ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« のり海苔! | トップページ | ヨレヨレワンコ »